先日、以前一緒に仕事をしていた知人と久しぶりに飲む機会があった

数年前に転職した彼だが、現在の仕事について話を聞いてみると、
職場にキツイ上司がいて、強いストレスを抱えているらしい。

自分のやりたい事を求め、希望を持って転職したわけだが、
仕事内容云々ではなく、人間関係に参ってしまっているのはとても悲しいことです。


どうも、酷いことを軽々しく言う上司らしく、
「馬鹿か!」「死んでしまえ!」と平気で口にするとのこと。

そのストレスで睡眠障害となってしまい、そのために仕事中の効率も上がらず、
結果としてまた上司に酷く言われる負のスパイラルに陥ってしまったようです。

仕事の向き不向きでストレスを感じるならともかく、人間関係でストレスを感じ、
それにより仕事の効率が落ちることは非常に残念なことです。


最近は、子供のイジメや体罰の問題がメディアに取り上げられていますが、
仕事場でのイジメに近いパワハラが行われている事実はあまり問題になっていません。

それは、子供には親という相談相手がいるが、上司と部下という関係となると、
自分の立場を考えて相談できずに我慢をし続けてしまう傾向があるからだと思います。

そういった意味では、子供のイジメや体罰以上に
逃げ道のない苦しみに悩んでいる大人は多いかもしれません。


会社にとって社員は財産です。

お客様がいたとしても、社員がいなければサービスは提供できません。

個人的には、社員はお客様よりも大切にするべきだと思っています。

そんな社員が悩んでいることを会社側が見逃してはいけません。

会社にとって社員は子供と考え、親のように守るべきです。

兄が弟をイジメていたら、兄を叱ることは当然です。

今回のケースでも、その上司を会社が叱るべきなのです。

会社をただの枠組みと考えていては、社員はついてきません。

会社という家族を形成していくことが大切です。


経営者とは、社員にとって親のような存在でないといけません。

子供はその背中を見て育ち、その親に認めてもらえるために頑張るのです。

尊敬される親にならないかぎり、子供は真っ直ぐに育ちません。

尊敬される親がいて、周りから尊敬され慕われる子供が育つのです。

その周りというのが、お客様になるわけです。


上司は部下を弟のように可愛がり、会社は社員を子供のように可愛がる。

全ての会社がそうなり、誰もが人間関係に悩まずに仕事に打ち込めるようになると、
働く全ての人が笑顔がもっと増えてきます。

そうなることで、その笑顔を家庭にも持ち帰ることになり、
笑顔の輪が広がっていくわけです。

会社は、社員の家族も含めて幸せにすることが義務だと思っています。

それができて誰からも愛される会社となるのです。

社員とその家族から愛されない会社が、お客様から愛されるはずはありません。


働く人全てがもっと笑顔で仕事ができる環境を作っていきましょう。

そのために、私やあなたができることは無限大です。

笑顔で働く社員


お問い合わせはお気軽にどうぞ

お問い合わせフォーム
電話番号 :0564-52-3923


-------------------------------
「なるほど!」と思ったらシェアしていただけると励みになります。
-------------------------------

この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。
Pocket