目標達成する人

目標達成

みなさん、こんにちは。 漫画喫茶が大好きな藤浦です。(以前は毎週、今は嫁のプレッシャーに負けて隔週で通っています…)

先日、その漫画喫茶で週刊誌(ジャンプ、マガジン、サンデーなど)を読んでいるときに感じたのですが、 漫画を読んでいると、「あぁ、早く続きが見たい!」とワクワクすることってありますよね。

それはなぜかな? と考えてみると、主人公の活躍・成長・今後の明るい未来などに潜在意識レベルで期待しているからだと思います。

誰も、この先の主人公の怠慢・堕落・平凡などを期待していませんよね?

考えてみれば、当たり前のことです。

 

そう考えたときに、「じゃあ、なぜ人は漫画の主人公の未来に期待してワクワクするのに、自分の未来にはワクワクしている人が少ないのか」と思ったわけです…

私の周りにも、「人生楽しいね! 俺は海賊王になる!」と言っている人よりも、「人生辛いね… 将来どうなりたいのか分からないや…」と言っている人のほうが多いような気がします。

そんな人生って、できればどうにかしたいですよね…

 

では、なぜ自分の人生にはワクワクできないのかな? と考えてみると、 その原因は、漫画の主人公には勝手に努力して成長してくれますが、自分の成長は自分自身の努力がないとできないと気づいているからだと思います。

確かに、自分の未来のための努力は、強い意志がないとできません。

何度も頑張ろうと思い目標を立ててみたが、途中で諦めてしまうことがほとんどだと思います。

 

では、なぜ人は目標が達成できないのでしょうか?

それには、目標設定から目標達成のプロセスは、簡単そうで実は意外と難しいことがあると思います。

やり方を意識せず、心の中の漠然とした目標に向かって漠然とした行動をしていては、大きな目標であればあるほど達成できないでしょう。

 

そこで今回、私が思っている「目標を達成するために欠かすことができない重要な要素3つ」を少しご紹介します。

  1. 理想目標(長期)を立てて、それに必要な行動目標(短期)を立てること。
  2. 目標をできるだけ多くの人に公言すること。
  3. 目標達成への経過報告をシェアすること。

つまり、人は先の未来の軽視してしまう傾向があるので、大きな目標を達成のために近い目標をコツコツと達成していくことが大切となる。(例:タバコは将来癌になるリスクが高いと分かっていても、短期的な快楽のためにやめられない)

人は意志の弱い生き物なので、やらないといけないという気持ち(軽いプレッシャー)高めるためにできるだけ周りを巻き込むことが大切になるということです。

こんな簡単な工夫でも、間違いなく達成率が高まると思います。

 

とはいえ、「目標を立てる」という行動に移すことがなかなか難しいと思います。

そこは、前向きな仲間を集め、お互いに励まし合って頑張ってほしいものです。

 

漫画の主人公の未来ばかりに期待せず、自分の未来こそ期待できるものにしたいですね。


お問い合わせはお気軽にどうぞ

お問い合わせフォーム
電話番号 :0564-52-3923


-------------------------------
「なるほど!」と思ったらシェアしていただけると励みになります。
-------------------------------

この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。
Pocket