仕事ができる人

今回は、ちょっとした工夫で仕事で成果を上げる方法を紹介します。

簡単すぎて、効果があるのか疑問に思うかもしれませんが、
本当にすぐできることなので、一度騙されたと思ってやってみてください。

もし、まったく効果がなかったとしても、
結果として10分程度の時間を損する程度のことになります。

スケジュールに感動条件

今回紹介するのは、スケジュール(WBS、ガントチャート含む)に、
少し手を加えてあげるだけで、仕事の質がよくなり、お客様から喜ばれ、
さらに本人のモチベーションも上げる方法になります。

それは、スケジュールの項目に対して、項目名だけでなく、
感動条件も書き加えるというものです。

感動条件とは、その仕事が終わったとき(スケジュールが完了したとき)に、
お客様、または自分にどんな感動を与えられているかというものです。

信じられないかもしれませんが、これだけで成果が出るのです。


例を挙げると、たとえば「○○工業にプレゼンをする」という仕事が
あったとします。

そのとき、よくやることはそのプレゼンを実施するためのスケジュールを
以下のように複数の小項目(タスク)に分けて記入します。

  • 項目:○○工業プレゼン
  • 小項目①:プレゼン資料作成     ⇒⇒⇒⇒
  • 小項目②:プレゼン資料社内レビュー      ⇒⇒
  • 小項目③:プレゼン本番               ★

ここに以下のように感動条件(太字部分)を追加してやるのです。

  • 項目:○○工業プレゼン
  • 小項目①:プレゼン資料作成     ⇒⇒⇒⇒
  • 小項目②:プレゼン資料社内レビュー      ⇒⇒
  • 小項目③:プレゼン本番               ★
  • 感動条件:いやー、プレゼン良かったよ!
    まさかこの短期間でここまでのレベルで提案してもらえるとは思ってなかった!
    こちらの要件を的確に捉えてあったし、潜在的なニーズまで捉えてプラスアルファの
    追加提案まで準備してあるとは思わなかった!
    ほぼ導入で間違いないと思うよ!


たったこれだけのことです。

拍子抜けした方も多いかと思いますが、これが意外なことに効果があるのです。

感動条件を記入する効果(メリット)

実際の効果としては以下のようなことになります。

手段が目的になることを防止

スケジュールやタスクに書かれていることを実施することが目的にならず、
お客様(または自分)を感動させるために仕事ができるようになる。

上司と部下の目標共有

上司レビューの際に、部下がお客様にどう思ってもらいたいかを知ることで、
その仕事の目標(お客様に何を満足してもらうか)を共有できる。

社員モチベーション向上

最低限の仕事をこなすという感覚が、お客様をどうしたら喜ばせられるか
という感覚に変わるため、考えることが楽しくなり仕事へのやる気が出てくる。

お客様満足度向上

お客様が感動する条件で仕事を進めることになるので、もちろんお客様は、
予想していたよりも高いアウトプットが出てきて満足することになる


このように、たった10分程度のスケジュールの工夫で、
仕事の質がよくなり、上司と部下の意思疎通ができ、お客様から喜ばれ、
さらに本人のモチベーションも上がるわけです。

騙されたと思ってやってみる価値があると思いませんか?

まずは、騙されたと思ってやってみてください。

これにより仕事で成果が上がり、そして仕事が楽しくなってきた人が
1人でも増えることを期待しています。


お問い合わせはお気軽にどうぞ

お問い合わせフォーム
電話番号 :0564-52-3923


-------------------------------
「なるほど!」と思ったらシェアしていただけると励みになります。
-------------------------------

この記事を書いた人

藤浦 隆雅ポテンシャライズ 代表 / 藤浦就活塾 塾長
採用・就活アドバイザー / ポテンシャライザー(潜在能力を引き出す人)
愛知県を中心に、学生の生きがい就職の支援、人が笑顔になれる職場づくりの支援、人が資質を活かし伸ばせる社会づくりの支援に取り組んでいる。
Pocket